自己紹介

ヒーラー・セラピスト 林セーラ
元ゴールドジムフィットネストレーナー、高度専門士

AC、摂食障害や筋繊維痛に悩まされ
不注意や衝動性に疑問を持ち始め、
大人になってからADHDと判明

好きなこと
夜の散歩、アートの創作

好きなもの
天然石、猫が好きです。

好きな食べ物
プルンプルンしたもの、ベトナム料理

 

 

 

幼少期から生きづらさを感じていて
思春期には摂食障害やうつにも悩まされ
筋繊維痛で全身の痛みに苦しむこともありました。

どこに行っても何をやっても
「自分がそこからはみ出してしまう」という感覚に悩まされてきました。
それがなぜだったのかわかったのは大人になってからでした。

夫と結婚し、夫が発達障害なのではないかと思ったのをきっかけに
自分自身がADHDだったということがわかりました。
それまで違和感を感じつつも、それがなんなのか分からずに
まるで霧の中を歩くような人生でした。

ですが意を決して周りにカミングアウトをしても
理解されないもどかしさも経験しました。

精神科の助けを借りることや、
カウンセリングを受けることも
否定されることの方が多かったのです。

そのとき、私は今まで本来の自分じゃない誰かを目指し、
自分の方を向いてくれない相手の顔色をずっと伺い一喜一憂してきた
ということにも気づいたのです。

自分の個性や良さを認めてくれる人たちを無視して、
苦手なものをなんとか克服しようと戦ってきた人生に気がつき、
自ら苦しみを選んでいたということが理解できました。

 

スピリチャルとの出会い

私の父は養護教員で、母はアーティストでした。
東京は山奥の奥多摩で生まれ、当時にしてはかなり遅い出産で母は43歳でした

両親は複雑な生い立ちで
父は強迫性障害、いわゆる溜め込み症と
母は長く統合失調症です。

二人とも再婚で、予定外に私が生まれ、
世界の異なる二人の結婚はとても大変だったようで、
母はスピリチャルな世界にその答えを探していました。

それで小さい頃はインドに縁があり、
欧米では著名なインドのアンマなど、
世界的に病院設立や貧しい人へ住居の提供などの
人道活動や平和活動を行うグル(霊的指導者)のもとで
時々過ごす機会がありました。

現代はさまざまな「スピリチャル」の名を借りて、
実態は個人の利益のためという団体が多い中、
慈善事業を信念とするスピリチュアリティと出会えたことと
その経験は今も私の人生にいろいろな影響を与えています。

 

悩んだ時代

親とうまくいかず、高校は北米へ一人留学し、
バックパックをして世界を放浪していたりしました。
カナダのアートスクールを卒業し、その後は早稲田の映像学校に入り、
映像作家として活動していましたが筋繊維痛症や心身症、ストレスに悩まされ
体を壊し断念しました。そこから体を改善しようとジムへ通い、
いつの間にかゴールドジムでヨガやフィットネストレーナーとして働き、
インストラクターや整体治療などをしていたこともあります。

そこで元ボディビルダーでトレーナー、鍼灸師の夫と出会い結婚しますが
変わり者だった夫との結婚は大変で、お互いを理解し合うまで数年かかりました。
夫も私も社会からはみ出しもの、という感じですので、夫は今も一番の理解者です
また、夫がアスペルガーなのではないかと疑ったのがきっかけで
精神科を受診し、自分がADHDだと判明したのです。

精神科を受診すると子供時代スピリチャルに理解のあった周りの大人たちはみんな
否定的でした。薬は良くない、とかもっと苦しんでる人がいるし、あなたは発達障害じゃない、など。
現に私が「辛さ」「苦しさ」を感じて生きてきたのに、それを否定されるのはよく考えればおかしな感じです。

その時にそれくらい自分は
自分を偽って生きてきてしまったのかもしれない、とも感じました。

私は体を壊してしまった後、私は鍼灸や整体、
ヨガや筋トレ、そしてヒーリングを通じて少しずつ健康を取り戻したのですが、
筋繊維痛症があるので、人以上に気をつけなければいけません。

ADHDの気質もあるため、
大事なことをうっかり忘れないように仕事を進めなければいけませんし、
計画を立てる際には人以上に工夫が必要です。

しかし自分に合った選択肢をするようになってからストレスや苦しさ
自分への違和感は激減しました。

 

医療にできることと、スピリチャルにできること

人生の大半を苦手克服と挑戦につぎ込んできてしまったと感じましたが
同時にそれはこころと体の結びつきや、精神世界のことを知るためだったような気もします。
それらはずっと人生のテーマだったように思います。

そして自分に合った生き方を探すことが、幸せの第一歩につながるということ

辛さや苦しさは当事者、本人にしかわかりませんし、
誰かと比べられるものではありません。

どう生きることが正解なのか、充実感や、幸せの形は人それぞれです。
納得いく人生を送ることが重要で、自分で決めていいのです。

そのためには自分を客観的に理解することが必要です

そのために医療の助けを借りることや、カウンセリングで自分の気持ちを整理したり
スピリチャルの理解を得ること、
そのいいところ、両方を利用したらいいと思うのです。

 

 

軽やかに楽になる、こころと体のつながりの体験

ホリスティックな医療に興味が湧いたのは
痛みから、ヨガや鍼灸を始めたのがきっかけです。

ヨガでは体を巡る血の流れや呼吸を感じ
それぞれの体の部位や骨、皮膚などは、
それぞれの筋肉や神経、内臓などとつながり合って地図を描いていること、

さらにはセラピーやヒーリングを通じて、
それら肉体的な部分と目に見えない感情や過去の記憶とも精妙に結びついていることを知りました。

運動や瞑想はストレスレベルを下げ、身体を感じさせてくれます。

それがなぜ、こころを軽やかに作用するのか、
理解できたのはずっとずっと後のことでしたが、
それらの「行為」を通して、「私のマインド(思考)が静けさを取り戻したから」だったのです。

エクササイズやヨガが自らの動的アプローチとすればセラピーやヒーリングは受動的なアプローチですが
ヒーリングやセラピーも同様にそのような状態を作りだし、体の機能が正常化していきます。
セッションを通じて、こころ軽やかに日々を送れますよう

皆様と関わっていければと思います

 

 

Jay maa om shanti.

皆様にたくさんの至福と光が降り注ぎますように

 

✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎

 

 

おもな経歴

VictoriaSchool Of Performing And Visual Art卒
早稲田大学川口芸術学校卒
・加圧トレーニングインストラクター資格修了
・Chandraヨガ・ティーチャーコース修了
・Amritaヨガベーシックコース修了
・Ramana Maharishi yoga 認定コース修了
・頭蓋洗骨療法・クラニアルセラピーマスターコース修了
・CFTコールドフュージョンテクニック・整体治療手技コース修了
・ヨガニドラ・ヒプノセラピー認定コース修了
・オーラリーディング・クリスタルヒーリング講座修了
・全米公認ストレングス&コンディショニングパーソナルトレーナー資格修了
・ゴールドジム公認パーソナルトレーナー資格修了
・エネルギー波動療法マスターコース修了

ほか
ヒーリングストーン・ヒーリングアートのお店Amrita Level✧21オープン
オンライン3Gダイエットプログラム主催(終了)
不定期ワークショップ・ゆるゆるお茶会開催中(終了)

バックパッカー時代・ラマナマハリシの聖地アルナチャラ山にて

インドケララ州のアムリタプリにて

 

 

 

 

 

自己紹介

フィジカルトレーナー・整体・鍼灸師 林久司
元自衛隊員、水泳指導員、陸上・ボディビル選手

長年ゴールドジムでトレーナーとして
アスリート選手から一般の方々まで体作りや体の使い方、
栄養指導や治療、指導に携わってきました。

身体の不調を取り除くことで、
快活な日常を送ることができます。
皆様の健康づくりのお手伝いができればと思います。