朝起きれない

これ、私も長い間悩んでます。だってねえ、朝苦手なんです・・・😅

私のもっとも愛するドリンクは、ハーブティーじゃなくてコーヒーですから。

ハーブティーも好きだけどさ。

ヒーリングのリーディングすると原因は「視床下部」って出るんですよ。

視床下部って体の司令塔で、脳の中にあって、体内時計そのものなんだよね。

で、その視床下部がきっと南の島の時間に合わさっちゃってるのよ。
って思うことにしてたんだよね。

そしたら、

朝型と夜型って現代科学では視床下部によって決められていて、
自由意志でどうこうなる問題じゃないそう!!

やっぱ視床下部なんだ!私のリーディングすごいじゃん!とかって思ったのと同時に
朝弱いのは自分の意思の弱さじゃないのね・・と開き直りました笑

夜になると元気なんだよね。昔から。笑

朝って気持ちいいから、早くシャキッと起きてみたいけど。

でね、

「朝起きれない」って相談かな〜り多いんです。

そしてその度に、私も起きれな〜いって(おい)リアクションしてたんだけどさ、

クライアントさんの「朝起きれない」って物理的に起きれないことではなく

「朝、気分が落ち込んでる。」
「朝、起きると悲しい。」
「朝、目を覚ますとうんざりする。」
「朝、目を覚ますともう自己嫌悪で焦ってる。」

『朝、消えてしまいたいって思う』

そういう「朝起きれない」っていう相談なんですね。

これは物理的に「朝起きれない」ということが問題じゃないってこと。

これごっちゃにしないほうがいいです。朝起きるのが「正解」なのは一部の社会の思い込みであって、そんな必要、ないわけです。

現に、朝起きれなくて、起きなくて済んでいる人は、
それで生きていられてるのだから、心配することではないのですよ。
問題は起きれないことではなく、
「朝、気分が落ち込んだり、優れない」という問題です。

別に朝起きなくともすむなら
昼過ぎとか夕方に起きて、1日を楽しく過ごせばいいんです。

でも問題は、「楽しく過ごせない」ってことの方ですよね。

この違いを自分がしっかり知っておくことが、重要です。


朝、体を引きずって会社に行ったり、
仕事に行ってるという人は、問題は朝起きれないことではなく、
そのような生活を続けてしまって体を無視していることに気が付かないといけません。

なぜ、仕事に行く時、ウキウキいけないのか
なぜ、体が悲鳴を上げてるのに、そのスタイルを続けているのか

そこに向き合うタイミングということです。

朝、気分がすぐれない

朝、落ち込んで悲しい

それはね「 憂鬱 」なんです。

憂鬱は、自分を生きれていない時、やってきます。
自分の命を躍動できていない時、襲いかかってくるんです。

「自分のすべきことをしていない時」です。

・自分の命を躍動するってどんなこと?

・自分のすべきことってなんだろう

・どうしてこんなに苦しいんだろう、虚しいんだろう

・どうしてこんなに苦しい人生だったのだろう?

自分がどんな状態なら、

その苦しみがなく、生き生きと目を覚ませるのだろう

そんな1日は今まであっただろうか?

そんな1日は自分自身がどんな状態だっただろう?

どうしてそれが「手に入らない」と思っているのだろう

そこにどんな「恐怖」があるだろう

苦しいこと、辛かったこと、苦労したこと、苦しんだこと

それらの

意味はあなたがこれから探していくのです。
理由はあなた自身が「決めていい」のです。


「朝起きれない」悩みから抜け出す、第一歩

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。