こんにちは

今日はクールダウンにぴったりの簡単おやつレシピをご紹介します

 

おすすめ時期:暑い季節 (果物は体を冷やすので、寒い季節は控えましょう)

おすすめのタイミング:暑い時や食べ過ぎが続いて胃を小さく、腸をスッキリさせたい時、リセットしたい時や、体を綺麗にしたいと感じた時

また摂食障害の治療としてもおすすめのレシピです。

過食嘔吐などに悩んでいるときは、過食衝動が起きたとき、パンや甘いものやスナックに手を出す前に、まず初めにフルーツを摂ると良いです。このレシピは蜂蜜なども入るので、素早く糖分も取れることから満足度も高く、フルーツの繊維と水分でお腹も膨れ、インスリンが過度に出るのを防ぎます。またフルーツの酵素や酸は炎症や胃腸に働きかけ、また衝動を和らげてくれます。ただ、食事と一緒に撮るのは控えましょう。治療目的の時は、あくまでも過食嘔吐やチューイング衝動があるときに最初に食べるというのがルールです。量はデザートカップ1杯、果物そのままなら、何か一つの果物1個分ほどでOKです。

 

フルーツサラダ・ボウル1杯分

なんでも好きなフルーツを数種類、細かくカットします。

りんご、オレンジ、バナナ、キウイ、いちご、パパイヤ、パイン、など。

非加熱ハチミツ大さじ1〜2と生クリームを泡立て器やシェイカーで少しフワッとさせ混ぜます(100円ショップなどでも売っている電池式小型のミルクフォーマーなどがあると便利です)

それをカットしたフルーツにかけ、

お好みでカイヤンペッパー(チリ)、カルダモン、シナモンなどをまぶして食べます。

 

暑い時期に果物を摂ると体がすーっと熱を引いてくれて、
刺激物の取りすぎや、食べ過ぎが続いているときや、胃を小さくしたい時にも
味覚の乱れや腸の汚れをリセットし、無理なくデトックスやダイエットを助けてくれます。

生クリームによって酸っぱいのが苦手な場合も、食べやすく、口当たりがまろやかに
(多くの場合、バランスが乱れているときは酸っぱいものが食べたくなくなります)
適度な脂は腹持ちを良くしてくれます。MCTオイルなどで代用しても良いです。

 

非加熱蜂蜜は国内で買うと割高ですが、Iherbなどでお手頃価格で買えます。
またフルーツは生のものを必ず食べましょう。缶詰はNGです。

 

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。