「奇跡のコース」という本に

「私は、目にしている世界の犠牲者ではない」

と認識するというレッスンがあります

この幻想の世界の犠牲者ではなく、幻想を幻想として認識し、

もっと大きな意図を知ることで、幻想をゆるし、消すことができる

と書いてあります。

 

いつも他人に利用されてしまったり、

搾取されたり、被害に遭ってしまう・・・

そういう方はたくさんいらっしゃいます。

 

ですがそれを意識の中で「自ら許可してしまっている」ことに気がつくと、

被害者と加害者という関係性から抜け出すことができます。

 

もっと大きな意味では、

人間関係に限らず、

人生全般の被害者意識から抜け出すことが

苦しみを終わらせるために必要です。

 

被害者意識が強い人は

人生がとても息苦しく、絶えず自分や誰かを責めています。

そして自分の苦しみを正当化しようと、自ら被害者になり、自分自身の現実を変えることよりも

できない理由や、うまくいかない理由を探し始めます。

 

そして多くのこの「被害者意識」を持った人たちがたくさん集まると、

とっても重たいエネルギーになり、やがてそれは攻撃に変わっていきます。

 

それは苦しみそのものです。

被害者意識から抜け出し

人生を創造していくには

エゴや恐怖、不安から抜け出すことです

 

幻想の世界とは、被害者意識そのもので、

私たちは「私は、目にしている世界の犠牲者ではない」

この宣言を自分の内面に浸透させることで

本当は被害者ではなく、無条件の存在だと認識していけます。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。